泡で出てくる洗顔料は良くない?その理由とおすすめ洗顔料

商品クチコミ

毎朝の洗顔、面倒だな、と感じますよね。

何が面倒なんだろう、と考えると

髪の毛が濡れないようにすること、

水が飛び散らないようにすること、

洗顔フォームもしくは石鹸を泡立てること、

だなと思い、面倒をひとつなくすために泡で出てくる洗顔料を買おう!と思いました。

ただし、洗顔はシンプルな固形石鹸が一番、という話、聞いたことないでしょうか。

シンプルな固形石鹸が洗顔にいいと言われるのはなぜでしょう。

泡で出てくる洗顔料は肌に良くない?

フォームタイプの洗顔料には合成界面活性剤が使われていることが多いからです。泡で出てくる洗顔フォームも例外ではなく、より肌負担をかける可能性があります。

合成界面活性剤(石油系界面活性剤)は多くの周りの多くの商品に使われていて、化粧品に使えるほど安全性が証明されているのだからそこまで気にする必要はない、という意見もありますが、水と油の境目を壊す成分なので肌バリア(自然に備わっている肌を外部の異物から守る機能)を壊して、異物が皮膚の奥に浸透してしまったり、肌に成分が残ってしまうのでできるだけ避けるべき、という意見があります。

個人的には全てを排除しているわけではないのですが、肌、特に顔につける商品はできれば気にしたいですね。

また、便利な商品は特に合成界面活性剤の影響を感じることがあります。拭き取りシートや泡で出てくる洗顔料など、使い終わった後に、違和感のある肌のつっぱりを感じることはないでしょうか。

他社サイトですが合成界面活性剤って何?という疑問や、合成界面活性剤の一覧はこちらの石鹸サイトがわかりやすかったです!

 

いちにょっき
いちにょっき

泡で出てくる洗顔料は石油系の合成界面活性剤が多く使われていることが多いんだね

 

おすすめできる泡洗顔の選び方

石油系の合成界面活性剤は不必要に油分を失わせたり、肌バリアを壊してしまう恐れがあることを考えると、泡で出てくる洗顔料は全てが良くないものなのでしょうか?

泡で出てくる洗顔料の中にも、固形石鹸と同じ成分や、石油系ではない界面活性剤が使用されているものがあります。どうやって探せばいいでしょうか。

成分表をチェックしよう

成分表をチェックして、合成界面活性剤一覧に載っていないか確認しましょう。

石油系ではない界面活性剤でも、石油系界面活性剤とかなり似た名前の成分があります。下記の成分は石油系ではなく、通常の石鹸でも使用される成分です。

石ケン素地、カリ石ケン素地、ラウリン酸Na(ナトリウム)、パーム核脂肪酸Na、パルミチン酸K(カリウム)、パーム油、牛脂、ヤシ油、オリーブ油、ツバキ種子油、馬油

よく聞いたことのある油の名前が表示されていると安心ですが、カタカナの成分だと合成界面活性剤との見分けがつきにくいですよね。

上記のラウリン酸Na(ナトリウム)、パーム核脂肪酸Naは、石油系界面活性剤のラウリルヒドロキシ酢酸アミド硫酸Naや、ツバキ油脂肪酸PEG〜などと、似たような名前になっていますが、石けん成分を細かく脂肪酸レベルで表記しているものになります。パーム油、ヤシ油と表記されている方がつい安全な気がしますが、パーム油、ヤシ油が元々の原料名、ラウリン酸Na(ナトリウム)、パーム核脂肪酸Naはもっと細かい成分名で、同じものでも表記が違うだけなんですね。

いちにょっき
いちにょっき

石油系界面活性剤の成分名と似てる!けど石けんと同じ成分でもっと細かく成分を表記しているんだね。

 

泡洗顔と一緒にキーワード検索

商品を検索する時に「石油系」や「合成界面活性剤不使用」や「石ケン素地」のキーワードと組み合わせて「泡洗顔」を検索すると探しやすいです。念のため成分表もチェックしましょう。

この記事では取り上げませんが、アミノ酸系界面活性剤を使用した洗顔料もあります。

人気のアミノ酸系、泡で出てくる洗顔料 Duo ザブライトフォーム


アミノ酸系の洗顔料は石けんよりは洗浄力が低いものの、刺激が少なく敏感肌の方にもおすすめです。ただ選ぶ際に成分がかなり多くあって、一つ一つの成分を調べるのが大変そうです。

プチプラおすすめ泡で出てくる洗顔料

1000円未満で買える石けん成分のプチプラ、おすすめ、泡で出てくる洗顔料を探していたんですが、楽天市場・yahooショッピング・Amazon・アットコスメ・LIPS、どのサイトでもそれぞれで評価がよかったこちらの商品を購入してみました。

メーカー:ミヨシ

商品名:泡の洗顔石けん

容量・金額:200ml・¥682

楽天24で¥566、詰替¥399(3980円未満送料別)さらにクーポン・ポイント還元ありで購入しました。

成分はとってもシンプル!石けん素地だけで作られています。

全成分:水、ラウリン酸K、ミリスチン酸K、パルミチン酸K、ステアリン酸K

写真の量がワンプッシュで出てくる量です。ワンプッシュ1回分でもちょうどいい量です。1〜2プッシュを濡らした顔に広げて洗い流す、泡立てる手間がなく、朝の洗顔のストレスが軽くなりました。石油系の強力な洗浄料を使用していないので、ツッパリ感も気にせず使用できます。

泡洗顔は肌に悪いのか(まとめ)

・泡で出てくる洗顔料やフォームタイプの洗顔料には強力な洗浄剤(石油系、合成界面活性剤)が使用されていることが多いため、肌の油分を奪いすぎたり、異物を肌に残す可能性があると言われている

・石けん成分と同じ成分の泡で出てくる洗顔料もある



関連記事

【スキンケア】化粧水をつけない方がいい?ウソ、ホント?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました