ハムスターの冬の温度管理!安くて簡単なのは?

ハムスターのこと
スポンサーリンク

寒くなってくるとハムスターの暖房対策を考えますね。

スポンサーリンク

ハムスターの冬の温度管理

寒いハムスターにとって命の危機、適切な温度管理が必要です。

ハムスターの適温は20−26度

100均で温度計を買ってケージ近くに置いて管理しましょう。

温度計はかじられない場所に吊るすか、ケージの上や横など、外側に置いておきましょう。

ハムスターの冬の暖房対策

・石油ストーブ、ファンヒーター→換気が必要のため、人間がいない時無理

・エアコン→室内気温が20度以上になるように設定します。設定温度が高くなると電気代も上がるので、20度以上でできるだけ低い温度で設定して、ケージ近くの温度計が20度以上を保てるか確認しましょう。

エアコンの電気代は外との気温差にもよりますが、24時間、一日中つけっぱなしにした場合、1万円以上かかるのではないでしょうか。

ということで、できるだけ安い暖房対策を考えていきたいと思います。

カイロで暖房対策

我が家ではハムスターカイロでの暖房対策はこんな風にしています。

・一日2回、朝と夜に交換

ハムスターが直接かじらないようにケージの下に入れる

・寝床の真下だと暑くなりすぎるため、寝床から少しズレたところに置く

カイロは30枚で600円ほどで購入できるため、1ヶ月あたりの費用は1200円ほどかと思います。

デメリットとして、

カイロは一部分しかあたためません。

住んでいる場所や建物によって、室内気温がもともと低い場合、寝床以外の活動で寒さを感じてしまうためカイロだけでは寒さ対策ができません。

残念なことに寝床近くにカイロを置いて、夜寝ている間に暑くなったハムスターが涼みに外に出て、そのままそこで寝てしまい死ぬ、ということもあるみたいです。

カイロは一定の室内気温がある家で、一部分温めるだけでいい時に使用するといいと思います。

ハムスター用のヒーターで温める

ハムスター用のヒーターも売ってあります。


デメリットとして

・直接ケージ内に入れるものは、ハムスターがかじってしまう場合がある

・普段のハウスと違うためそこで寝てくれない場合がある

・コードがつながっているため、ガラスの水槽タイプのケージでは使いにくい

カイロと同じで一部分しか暖まらないため、室内の気温があまりに低い場合他の対策と併用が必要

といったことが挙げられます。

上記商品の場合1時間あたりの電気代は0.17円とのことなので、1ヶ月使用しても122.4円、安い!

ケージ内ではなく、ケージの下に入れるタイプのものであれば、デメリットも少ないです。

カイロと違い交換の手間も不要なので、カイロを使うよりはこちらが良さそうですね。

ホットカーペットで冬対策

我が家はハムスター冬対策ホットカーペットを使用しています。

ペット専用のものもあるのですが、最近は人間の足元に置くような小さいサイズもよく販売されています。

ホットマット、などで検索すると出てきます。


この商品の1時間あたりの電気代目安は約0.3円/hなので

一日24時間つけっぱなしにしても1カ月あたりの電気代は216円!電気代も安い!

このホットカーペット折り曲げて、ケージの背面と下にくるようにセットすれば、ケージ全体が温まるため、室内気温が低い家でもおすすめです。

さらに寒い日はケージの外側から毛布をかけて、外からの冷たい空気がつたわらないようにしてあげるといいと思います。

ケージ内の寒さ対策

ケージ内でも寒さ対策ができます。

ふわふわの布製のハウスもありますが、

ハムスターはかじる生き物なので、わたし個人としては、できれば自然素材の巣材を入れてあげた方がいいと思います。

普段使用している床材を、冬の間は多めにしてあげたり、巣材をたくさん入れてあげると自分でいいように巣を作ってくれます。

我が家で使用している巣材はこちら


無漂白・天然ケナフ100%
イメージとしてはヤシの実を繊維にした感じで手で広げるとどんどん広がります。ほどよい硬さで巣の形が作りやすいようで、ハムスターが自分で床材と組み合わせて、形のくずれない巣を作っていきます。

ではしっかりハムスター冬対策をして、の寒さからハムちゃんたちを保護していきたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました