【スキンケア】化粧水をつけない方がいい?ウソ、ホント?

生活のこと

最近手作り化粧水でシンプルスキンケアでもしようと思っていたら、わたしの固定概念を覆す美容法を見つけました。

意外とみんな知っているのでしょうか。それは・・・

化粧水をつけない方が肌にいいという美容法!!

目からうろこ情報!

佐伯チズ先生のたっぷり化粧水パックを信じてきた私(あんまやってないけど)


 

化粧水つけない方がいいの?化粧水不要論、根拠はあるの?効果は?実際にやってみたら化粧水つけない方が調子がいい?乾燥肌だけど、化粧水は必要ない?

この記事ではドラッグストアで2年ほど働いた程度の知識のわたしが、化粧水つけない美容法のウソ、ホント!?を調べていきます。

化粧水つけない美容法とは


化粧水をつけない、と聞くと、洗顔後何もしない、いわゆる肌断食をイメージするかもしれませんが、この美容法は化粧水をつけずにワセリンや乳液やクリームだけ塗るというものです。

化粧水つけない方がいいと言われる根拠

今までたっぷりの化粧水で肌を潤して、最後に水分が逃げないようにクリームなどで蓋をする、というスキンケアを学んできた方は多いと思います。

化粧水をしないと水分が浸透しないのでは?と思いますが、元々肌はバリア機能を持っているので水分は入っていきません。どれだけ化粧水をパッティングしても肌は一番表層の0.01~0.03ミリ、角質層までしか化粧水は入らないのです。

本当の意味で肌を潤すには内側から水分を取る必要があるんですね。

出典:メナード化粧品>美容情報>美・サイエンス>皮膚のうるおいとバリア機能

美・サイエンス:皮膚のうるおいとバリア機能 - メナードの美容情報
メナードの美・サイエンス。「皮膚のうるおいとバリア機能」についてご案内します。

 

これはホント!どんなに化粧水をパッティングしても肌の外側からは角質層(0.02mm前後)までしか浸透しない
これもホント!肌を潤したいなら表面からではなく、内側から。水分や肌を作るビタミン群を取り入れ睡眠をしっかりとることが重要

そして、乾燥した唇を舐めて、潤ったように感じたものの、後からさらにガサガサになったという経験をしたことがありませんか。水分は蒸発するときにさらに水分量を奪っていきます。そのため化粧水をすればするほど肌が元々もつ水分量も奪ってしまうそうです。

「草野満代 夕暮れWONDER4」(2018年2月5日放送)で取り上げられた、唇の乾燥に関する、医師の解説です。

唇が乾燥したら“舐めちゃって”いいの? 医師が解説
「草野満代 夕暮れWONDER4」(2018年2月5日放送)で、“ささくれ”について医師が解説した。 リスナーから寄せられたメール「唇が乾燥したら舐めちゃっていいの?」に対し、東京衛生病院の先生が解説…

唇を舐めると一時的には潤いますが、唾液とともに水分がすぐに蒸発してしまうため、さらに乾燥が進むと思われます。保湿効果の高いリップクリームやワセリンなどでケアしてください。ヒビ割れがひどく痛みや出血が強いとき、化膿しているときなどは医療機関を受診なさることをお勧めします。

これはホント!表面に水分があると蒸発していくときに内側の水分まで奪っていく
よく化粧水パックを長時間やりすぎると逆に乾燥する、と言いますが、これは皮膚の上の水分が逆に皮膚の下の水分を伴って蒸発するからなんですね。
さらに化粧水をパッティングしたり、コットンを滑らせるときに肌はダメージを受けます。

クロワッサン「皮膚科医に聞く、シワを引き起こす間違った美容習慣。」より

叩き込むほどに保湿効果が上がると思い込み、何十回、何百回(!)とローションパッティングをする人がいるが……。

「コットンが毛羽立って肌荒れを引き起こすことも。化粧水はあくまで水分。角層を濡らしているだけなので、隅々まで塗って手のひらで優しく押さえれば充分です。

これもホント!化粧水をコットンで叩き込むと肌はダメージを受けシワの原因になる

実際に化粧水をつけない美容法を実践した人たちの体験談

 

『化粧水なしで3か月半過ごした結果』
  昨年の9月後半から、化粧水の使用をやめ、純石鹸で洗顔後は何もせず、又は10月以降からは肌の乾燥度合いに合わせてオイル(主に椿油)を塗るだけで過ごして約3か…
32歳女性が『化粧水不要論』を1カ月間試してみた
お肌の曲がり角。みなさんはいくつか曲がってきただろうか? 筆者(32歳女性)も例に漏れず曲がり曲がった結果、肌の乾燥がヒドいことに。こんな感じで、何らかの肌トラ …

乾燥肌が治った、最初は乾燥が辛かったけど、だんだん肌がもちもちになってきたなど、良い口コミが聞かれますね。

 

逆に化粧水を使わないスキンケアが合わなかったという人の口コミも気になりますよね。

化粧水を使わないスキンケアが合わなかったという方の検証動画です。

化粧水は全く使わなくていいのか?

・化粧水は全く必要ない?

出典:利根中央病院<健康情報<健やかな皮膚を保つために~ドライスキンと予防~

当たり前ですが、いろんな肌の人がいますので、化粧水を全く使わない美容法があう人、合わない人がいると思います。

上の右の図にあるように角質層が壊れていて内部の水分が出ていく場合、もちろん蓋をすることで水分の蒸発を防ぐことは大事ですが、壊れた角質層に化粧水を染み込ませることはできます。

化粧水は角質層には届く

0.02mmなので、大量に水分はいらない上に長時間つけても変わらなそうですが、角質層がしっかり潤っていないと、ターンオーバー(角質層が剥がれる)が速くなり、成長しきっていない肌が表面に出てしまい、乾燥肌が進みます。

化粧水の役割として角質層に水分が行き渡ることにも意味があると思います。

クリームや乳液は万能なのか

クリームや乳液だけ付ければ美肌になるのか?ということですが、クリームや乳液で肌本来のバリア機能が逆に失われることもあります。

市販の乳液やクリームにはかならずといっていいほど水分と油分の境目を無くす界面活性剤が使われています。油と水は本来混ざり合わないので、使いやすくクリームタイプにするために界面活性剤を使って分子を壊して水と油の境目をなくします。

敏感肌レポート(基本編)界面活性剤は、肌に負担を与える原因に?|敏感肌研究室|Arouge(アルージェ)
[敏感肌レポート(基本編)]界面活性剤は、肌に負担を与える原因に?/化粧品によく入っている「界面活性剤」は、肌を刺激してしまうことも。界面活性剤ってそもそもなんでしょう?

敏感肌の方など、この界面活性剤が肌のセラミドというバリア機能の境目を壊して、肌荒れすることがあります。ただこの界面活性剤にも様々な種類があり、肌につけて安全な物質として証明されて、あらゆるところで使用されています。どれも全て悪い、ということではなく、肌に合わない人もいる、ということですね。

市販の乳液やクリームは成分や、使い過ぎに注意したいと思います。ワセリン、シアバター、スクワランオイルなど、界面活性剤不使用のものを使うこともできますが、原料100%のようなものも肌に刺激となることがあります。新しいものを使用するときは成分が強くなりすぎないよう気をつけたいですね。

クリームや乳液に含まれる界面活性剤が肌バリアを壊すこともある。成分やつけすぎに注意

化粧水使わない美容法やってみた結果

ということで、やっぱり効果が気になるので、自分自身の肌で検証!したのですが、私は元々乳液やクリームを使うとニキビができやすく、高保湿化粧水でもニキビができます。そのため化粧水を省いて保湿剤だけにしたところ、1週間程度で大きめニキビができてきました。自分の肌とのお付き合いは難しいです。

結論:化粧水つけない美容法はウソ?本当?

私の結論は…すべての人が化粧水をつけない方がいいというのはウソ

私は乳液だけでは油分で肌荒れしてしまいます。化粧水だけでもいいです。

でもこんな人には試してみる価値ありだと思います!

普段からたっぷりの化粧水をつけすぎて水分が蒸発して乾燥肌になっている人

コットンでパッティングしすぎて肌に摩擦のダメージを与えている人

口コミでも高評価の超超乾燥肌と戦う薬用化粧品!180日間の返金保証と回数縛りなしのホワイトミルクはこちら↓

化粧水なしで肌悩みが改善するかも。心当たりのある方は試してみてください。

すべての人の肌にあう美容法ではないと思うけど、化粧水つけすぎ・パッティングしすぎで肌ダメージをおった人は化粧水なしで乾燥肌が改善するかもしれない

関連記事

泡で出てくる洗顔料は良くない?その理由とおすすめ洗顔料

ミラブルplusは効果がある?トルネードスティックとは?

https://ichinyokki.com/%e3%83%9f%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f/

コメント

タイトルとURLをコピーしました