【ブログ】粉瘤の治療1:耳のしこりの痛み経過と診察

粉瘤手術ブログその他いろいろ
スポンサーリンク

粉瘤手術ブログ

スポンサーリンク

ピアスの跡の耳のしこり、治る?

若い頃、ピアスを開けたものの、

金属アレルギーを発症し、みかんのようなじゅくじゅく耳になってしまい、

ピアスを塞きました。

その後気づいたら、片方の耳たぶだけしこりがあることに気づきました。

片方の耳はきれいに何もない状態ですが、

片耳はイヤリングをつけようとすると痛い部分があるのです。

ネットで調べたら、良性の腫瘍で、ほっといてもいい、手術でしか取れないというから

手術してまでとらなくていいわーと思い、放っておきました。

いちにょっき
いちにょっき

ピアス跡の耳のしこりは、長年消えないのならずっと残るやつです。

耳のしこりが炎症を起こして痛い

困ったことになったのはピアスを塞いで15年以上経ってからです。

しこりが大きくなってる気がしてたけど、触らなければ痛みもないし気にしていませんでした。

ある日、横向きで寝ている時に、耳を潰して寝たことがきっかけだったのかと思いますが、

痛みが出てきました。

しこりが炎症を起こし、腫れてきました。

色が赤くなりました。まだかわいい感じですが、地味に痛いです。

写真はグロテスクなので、写真をもとにしたイラストを掲載します。

耳裏の画像です。

耳のしこり炎症

このタイミングで病院に行きました。

この耳のしこり粉瘤(ふんりゅう)と言います。アテローム・アテローマ・皮下腫瘍ともいいます。

皮下に袋状の部分ができ、そこに膿や垢が貯まるので、その袋状のものを取り除く手術が必要です。

皮膚科では手術できないので、粉瘤/(地名)で検索してクリニックを決めました。

わたしが行ったのは形成外科です。

クリニックのホームページに粉瘤治療について記載がない場合は、一度対応してもらえるか電話で問い合わせた方が良さそうです。

手術する覚悟で病院に行きましたが、日帰りだし、ちょっと取るだけだし、大した手術じゃないかと思っていました。

粉瘤は腫れた状態だと手術はできないとのことで、

炎症を抑える抗生物質の飲み薬が処方されました。

粉瘤の炎症がひどくなる

飲み薬を3日飲んだのですが、粉瘤はどんどん膨らみ、真っ赤になってパンパンに腫れました。

耳のしこり炎症

この時期はいつもなんか痛いなーという感覚があります。

抗生物質を飲んで3日経過する頃、このパンパンの粉瘤は青黒く変色し、表面がしろっぽく固くなってきました。かさぶたのような硬さです。

粉瘤の経過

そしてある日、破裂?しました。

皮が破けて中の膿がドロドロでてきました。

破裂した粉瘤

破裂したと言ってもパンっとはじけたわけではないんですが、

パンパンにはれすぎて、皮が千切れて、中の膿が出てきた、という感じです。

粉瘤まわりの皮膚がたるんでます。

このときは常に膿と体液が出る感じでした。

ニキビパッチを貼って絆創膏を貼って過ごしました。

その後また数日、体液はほぼ出なくなりましたが、ちょっと硬めの膿がひたすらでてきました。こんなに膿でるんだーってぐらい。

徐々に膿も少なくなり、ニキビパッチを貼りながら傷を治しました。

初診から2週間経過する頃、膿はほぼでなくなり、しこりの腫れもおさまり、気にならなくなりました。

炎症を起こす前の状態に近くなり、この状態なら困らない、という状況でした。

粉瘤経過

粉瘤は手術しないと炎症が再発する

一旦炎症が治っても、粉瘤が残っている限り、また数ヶ月後に再発することが多いそうです。

またあの、炎症を起こして腫れてズキズキする経験をしたくないなーと思い、

しかもまた炎症を起こしてしまうと、炎症が治まるまでは手術もできなくなってしまうので、

手術は嫌ですが、早く受けようと思いました。

粉瘤手術は短時間の日帰り手術、3日間は固定するので、

耳の裏だから3日間は頭が洗えないと言われたのですが、

3日ぐらいならなんとかなるか、と思い、

気楽に手術をすることにしました。

3日目午後からは普通通り予定を入れました。

軽い恐怖の手術体験は次の記事に続きます。

【ブログ】粉瘤の治療2:手術当日の痛みと金額
手術前の粉瘤の炎症などの変化はこちら 粉瘤の手術当日の注意事項 わたしは耳の後ろの粉瘤手術だったので、3日は頭を洗えない、ということで、 手術に行く前にしっかりお風呂に入って行きました。 あとは首元が詰まっていない服...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました