楽天カードは不正利用が多い!?被害にあったときは?

生活のこと

クレジットカード不正利用、怖いですよね。

この記事では・・・

楽天カードは不正利用が多いのか
不正利用されたらどうすればいいか
不正利用される原因は?
不正利用に遭わないために行うべきこと

この4つがわかります!

楽天カードは不正利用が多いのか

 

楽天カード 不正利用楽天カード 不正利用 多い 

という検索キーワードが上位に来ているため、楽天カードユーザー、およびクレジットカード会社勤務経験者として、この記事を書いてます。

不正利用は楽天カードに限らず、どのクレジットカードでも起こりうる問題です。カードを紛失したわけじゃないのに、手元にあるのに、覚えのない請求が来ます。楽天カードが不正利用が多い、となると、会社自体が怪しいのか?と思ってしまいますが、それよりも狙われやすい、という意味で不正利用が多いと思います。

楽天カードがなぜ不正利用が多いと検索されるのか見ていきましょう。

会員数が多いため狙われやすい

まず第一に楽天カードは会員数が2100万人を突破(2021年1月28日の楽天カード株式会社のお知らせより)しています。

この数は日本の6人に1人以上が楽天カードを持っている計算となります。

また、2020年度の楽天カードショッピング取扱高は11兆円に到達したそうです。年度は違いますが2019年度のクレジットカード市場規模は株式会社矢野経済研究所の調査によると70兆円だったそうです。(コロナのため2020年の予想は67兆円となっています)クレジットカードで支払われる金額の7分の1以上が楽天カード利用なんですね。

 

多くのクレジット会社があることを考えると、この楽天カードの使用率が大変高いことがわかります。

いちにょっき
いちにょっき

楽天カードは会員数も多く、利用されることが多いカードなんだね!

不正利用される原因は後述しますが、原因の1つにフィッシングメール(詐欺メール)があります。

例えば、自分が持っていないカードを装ったメールであれば、「いや私こんなカード持ってないし」と思ってそのメールが詐欺だと気づきやすいですが、自分がいつも使ってる楽天カードを装ったメールだと、騙されてしまうかもしれません。

例)

件名:【株式会社〇〇カード】緊急のご連絡

いつも弊社カードをご利用いただき誠にありがとうございます。

このたび、第三者からと思われる不審なカードのご利用がございましたのでお客様のカードのご利用を一時的に制限しております。つきましては下記の窓口にお問い合わせいただくか、下記URLより利用内容のご確認をお願いいたします。

いちにょっき
いちにょっき

いや、この会社のカード持ってないし、ってなればわかりやすいけど、楽天カードって書かれてたら焦る内容。。。

つまり、犯罪者にとって狙いやすいカード、数打ったらまあまあ利用者に当たるカードとなっています。

楽天市場のIDから不正利用されやすい

もう一つがIDを利用した不正利用です。フィッシングメールで楽天カードを装ってログインさせられるケースもありますが、様々なサイトで同じIDやパスワードを使用している方が狙われることが多いです。

不正利用者が何かのサイトを装ってIDとパスワードを手に入れた場合、利用者数の多いECサイト(楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonなど)でそれぞれログインを試し、全て入れる、ということが起きます。

いちにょっき
いちにょっき

IDやパスワードを使い回すとそんな危険があるんだね。

なぜ自分のIDが盗まれたのか、情報漏洩か、と疑うかもしれませんが、意外と自分が原因のことが多いです。対処策は後述します。

 

楽天市場の利用者数は5000万人越なので楽天市場のアカウントが狙われやすく、楽天カードを登録している人が多いので、楽天カードの不正利用が増えやすいんですね。

楽天カードの会員数の多さ、利用率の高さ、楽天市場などのグループでの利便性を考えました。結論として、楽天カードは不正利用者に狙われやすいカードと言えます。

楽天カードは利用者数が多いため、詐欺のターゲットになりやすい!利用率も高いため必然的に悪用されるケースも増える。楽天市場も利用者が多いため、アカウントが狙われやすい!

利用者数や利用率が高ければ、他社と比べて不正利用に遭う確率も高くなります。

ただ、楽天カードは問い合わせがつながりにくい、というデメリットがあります。そのため、不正利用が起こった時にインターネットで調べたり、口コミに投稿したりケースも多いのではないでしょうか。

いざ不正利用が生じた時に問い合わせができないのはとても不安ですね。

不正利用されたら

不正利用、怖いですよね。怖いのは不正請求を自分が払うことです。最悪カード枠いっぱい使われたり、長年気づかなかったりして、数十万、数百万の被害が出ることがあります。怖い。

不正利用されてもカード会社が代わりに支払ってくれるんでしょ?

私は使ってないから支払う義務はないでしょ?

と思うかもしれませんが、返金や請求取り消しをしてもらうには条件や期限があります!そして、その条件が満たされなかった場合、残念ながら、カード保有者に支払い義務が発生します。支払わない、となるとその人が踏み倒しをしている、という状況になるため信用情報にも影響します。

 

いちにょっき
いちにょっき

不正利用に気づいたら、すぐ行動しよう!

 

すぐカード会社に連絡する

気づいたらすぐカード会社に連絡しましょう。二次被害が出ないためにカード番号も変更しましょう。

カードの停止は紛失や盗難の緊急ダイヤルが使えます。不正利用が確実な場合は二次被害を防ぐためにすぐ連絡しましょう。

請求の取り消しや返金については緊急ダイヤルでは対応できないことがあります。日中の窓口、メール、チャット、問い合わせフォームなど、とにかくカード会社にコンタクトを取りましょう。

楽天カードが不正利用される原因は?

情報漏洩?

不正利用があると、カードは手元にあるのになぜ?情報漏洩だ!と言う方が意外といます。

まず情報漏洩で、カード会社が顧客情報を漏洩するケースは稀です。

カード会社の従業員がたまたま目にした会員情報をこっそりメモして家で使う、というと確かに情報漏洩ですが、多くの場合カード会社従業員は会員の閲覧履歴が記録されています。情報の持ち出しも厳しく管理されています。

それよりも、ネットショップで入力されたカード情報や、お店でカード決済された伝票を盗み見てアルバイトがこっそりメモして使う、というケースの方が起こりやすいと思います。

また企業を狙った不正アクセスにより、カード情報を含む個人情報が流出するケース、使用しているパソコンやスマートフォンがウイルスに侵されていて情報が抜き取られているケース、カード自体をスキミングされるケース、信頼のないネットショップでカード情報を入力して注文するケース、フィッシングメールにアカウント情報やカード情報を入力してしまったケースなどなど、カード情報がどこで漏れたかを調べるのはとっても難しいです。

カードを使ったお店で働く人がこっそりカード番号を控えている場合や、企業への不正アクセス・パソコンのウイルス・自分で怪しいサイトにカード番号やID情報を入力するなど、原因は様々で、心当たりがない場合、どこで情報が漏れたかを特定するのは難しい

楽天カードを不正利用されないために

不正利用されないために自分である程度対策を講じることができます。

カードを自分で管理する

クレジットカードは原則本人しか利用できません。署名も自著で行ってください。(署名がないものは保証されないケースがあります)

カード会社で働いていたときに意外にも多かったのが知人の利用です。店舗から利用明細を取り寄せて発覚するケースがあります。被害者本人は予想外(本当に知らなかった)のことが多く、この場合知人同士、当事者間での問題になり補償されないことがあります。

また、カードを他者に使用されないように管理するのはカード契約者本人の責任となるため、カードを正しく管理できていなかった場合補償が受けられないことがあります。

信用できるサイトで買い物をする

特に海外のサイトなど、問い合わせても返事がこない、商品がこない、ということがあります。解約したいのに毎月決済されることもあります。自分で注文したもの、契約したものは不正利用として対応してもらえず自己責任になることがあるので、カード情報を入力する前に、本当に信用できるサイトか調べましょう。

IDやパスワードを使い回さない

他社サイトで使用しているIDやパスワードが流出して、楽天市場を含めた大手の会社にアタックされることがあります。IDやパスワードは推測されにくいもの、かつ同一ではないものを設定しましょう。定期的にIDやパスワードを変更しましょう。

また公共のパソコン、会社のパソコン、友人のスマートホンなどからログインした場合は必ずログアウトしましょう。

暗証番号も使い回さない

暗証番号が誕生日や電話番号など身分証に載ってそうなものだと、財布を落とした時に、高額な商品の購入やキャッシングに使われるかもしれません。

暗証番号を利用した買い物やキャッシングはどのカード会社でも補償対象外になるケースが多いと思います。推測されないものを設定してください。

フィッシングメールに警戒する

楽天市場・楽天カードを名乗るメールが偽物じゃないか警戒しましょう。載っている電話番号やメールアドレスが一致していても、URLを開いた先が詐欺サイトであることがあります。

特に「アカウントを停止いたしました」「本人確認をしてください」「カードが不正利用されています」という緊急を装った内容で動揺させて判断を誤らせるものがあります。

怪しいメールだと感じたらそのメールのURLはクリックせず、自分で公式サイトを検索しアクセスしてください。万が一誤ってURLからログインした場合は、そのログインしたアカウントのID/パスワードの変更を、カード情報を入力した場合はカード停止の連絡をしましょう。

利用明細を定期的にチェックする

カードの不正利用を取り消してもらうには期限があります。気付くのが数ヶ月後になると取り消しの申請ができない可能性があります。

速報版メールやカード利用お知らせメールを設定したり、楽天カードアプリを利用して明細をチェックしましょう。

利用可能枠を必要最低限に設定する

私はカード会社で働き始めてから、枠を下げました。不正利用の取り消しができず、枠いっぱいに使われたお金を何年もかかって返す方を見たからです。200 万円の枠がついたカードを枠いっぱい使われたら、と思うと怖いですよね。

クレジットカードは引き落としタイミングが利用日からずれるので、大体2ヶ月間に利用する金額を目安に枠を設定するといいです。ただ、急に増枠することはできない場合が多いので、少し余裕を持たせることをおすすめします。

利用枠が多すぎないか、一度チェックしてみてください。

楽天カードは不正利用が多いのか:まとめ

クレジットカード、とっても便利ですが、車と一緒で便利なものは使う時に注意が必要です。

楽天カードは利用者数、利用率が多いので、不正利用の被害者が多く感じることがあるかもしれませんが、どんなに注意してもサイバー犯罪が多い時代、不正利用に遭うことはあります。

楽天カードを使う方は、ちゃんとID/PWを管理して、利用明細を定期的に確認して、覚えのない請求があるときはすぐに楽天カードに連絡しましょう。ちゃんと補償が受けられるよう、最低限の対策をしたいですね。

しっかり利用を管理できれば、楽天カードはポイント還元率も高く、ポイントの利便性もよく、使いやすい、おすすめできるカードです(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました