WealthNaviおまかせNISAの買い直し機能は使うべき?

2021年11月17日、ロボアドバイザー「WealthNavi」の「おまかせNISA」というサービスで、買い直し機能が登場しました。

WealthNaviを使用している人の中には、投資にそこまで詳しくない、という方も多いと思います。そういった方のためのロボアドバイザーだからです。

この記事ではこれまでWealthNaviを使用していた方で、途中でおまかせNISAを始めた方が、

買い直し機能を利用すべきかどうか、

・利用する場合、タイミングはどうすればいいか、

・利益が減ったり、損失が出るのはどういう時か、

まとめていきます。

 

※この記事は投資素人の一般人が、一般人向けにわかりやすく書いています。
個人の判断、感想であることをご了承の上お読みください。

WealthNaviのおまかせNISAを途中で始めると

ウェルスナビおまかせNISA2021年2月にスタートした新しいサービスです。

自動のロボアドバイザーで資産運用してくれるウェルスナビを使用していた方で、非課税メリットのあるNISA口座を申し込みされた方は

NISA口座運用以降、普通口座の利益とNISA口座の利益で、課税対象が分かれた状態になっています。

NISA口座の利益が非課税なのに対し、普通口座の利益は20%取られてしまう。また、運用益は年々右肩上がりになることが多いので、普通口座の利益がどんどん大きくなってしまう。

さらに途中で始めた方はNISA口座の非課税投資枠120万円/年にまだ到達されていない場合があります。

そんな方のために今回リリースされたのが、NISA口座買い直し機能なんですね。

買い直し機能を使うべきか

買い直し機能を使う方は元々普通口座で運用していた方で途中でNISA口座を申し込んだ方、かつ、年間のNISA運用額がまだ120万円に達していない方です。

NISA口座は最長10年非課税となるため、普通口座で10年間で出る運用益の20%が税金で取られると思うと、早めにNISA口座に移動させたいところです。

まだ普通口座の運用額が少ない方はあまり悩まず買い直しできるのではないでしょうか。

これからウェルスナビを申し込む方はできれば最初からNISA口座で運用したいですね。

WealthNaviおまかせnisaの買い直しが行われるタイミングは?

買い直し機能を使用し、買い直しを申し込みしたその日の夜間に売却が行われ、その後原則3営業日後に税金を差し引かれた現金が普通口座に戻ります。

Security check

その後数日で買い直しが行われると思われます。買い直し申し込み時に、その日付が表示されますが、1週間程度です。

申し込み後数日で、「譲渡益税等のお知らせ」が交付されます。徴収される税額が記載されています。

買い直しで利益が減る?損失が増える?

買い直し時の利益の差額を想定するのは少し難しいです。

売却益が口座に戻る3営業日、実際に購入されるまでのタイミング、土日をはさんで約1週間後のドル円の動きや株価の変化に左右されるからです。

〜事例〜
・普通口座とNISA口座合わせて120万円運用中
・100万円を普通口座で使用、NISA口座は20万円しか使用していなかったため、買い直し機能を使用
1ドル113円の時、1800ドルの利益が出ているときに買い直し機能を申し込み、20万3400円の利益、20%税金で引かれて16万2720円を見込む

・ところが、その日の夜、売却されるタイミングの夜中に1ドル112円に下がっていた。20%税金で取られて16万1280円になった(予定より1440円少ない)

・さらに買い直し予定日の7日後、購入タイミングの時に1ドルは115円の円安になっていた。積み立てではなく一気に100万円分買い直しが行われた

・円安が一時的なものだったので、その後1ドルは112円になり、買い直した分に3万円の損失が出た

こちらの事例では株価の変動は考慮に入れていませんし、金額など一部省略してます。
この事例だと利益だけであればたいして減ってないのですが
買い直しの金額が大きいと、ドル円が大きく変動した場合に損失は数万になるかもしれません。
ウェルスナビの積み立ては、ふだんそういったリスクを避けるために行うのですが、買い直しだと大きな金額がドル円の動きを無視して行われてしまうんですね。

買い直しがおすすめなのはどんな人?

じゃあ自分で円高のタイミングを見極めて購入する方が良さそうですよね。

でもそう考えているとなかなか面倒になってしまうかもしれません。

WealthNaviは、投資のことがわからない方でも気軽に使用できるサービスなので、

円高のタイミングがわからない、という方はこの買い直し機能を使用するのもいいですね。

また、WealthNaviの普通口座に大した金額が入っていない、という方や、

WealthNaviのキャンペーンに参加している、という方はおすすめです。

WealthNaviでは出金すると対象外になるキャンペーンがあります。

今回の買い直し機能は出金に該当しないため、キャンペーン対象外にならずにNISA口座への移管ができます。

WealthNaviおまかせnisa買い直し機能まとめ

買い直し機能は20時までに申し込むと申込日の深夜に売却が行われ、約1週間後にNisa口座での買い直しが行われる
・売却から購入まで1週間ほどの期間が空くため、ドル安の時の売却、円安の時の購入になると損失が出たり、利益が減る
・預入資産が大きい方や、ドル円の動きが不安定な時期は、買い直し機能を使用するよりも、自分でドル高の時に売却し、円高の時にNISA口座で購入しなおす方がおすすめ。
・円高タイミングがわからない、運用額が少ない、キャンペーンを利用しているという方は買い直し機能がおすすめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました