ハムスターの騒音対策ー回し車、ガリガリかじる音がうるさい時

ハムスターのこと
Processed with Focos

眠れないくらいうるさいハムスターの回し車やかじる音、暴れる音、騒音対策をまとめています。

ハムスタを飼う前に

ペットを飼いたいけど日中は家にいないから世話できない、マンションなので犬や猫のペットが飼えない、という方にとってハムスターはとってもおすすめのペットです。ふわふわの毛とかわいらしい顔で癒してくれます。サイズが小さいので床材、トイレ、餌、どれもが消費量が少なく、お金もあまりかかりません。生体代に至っては1000〜3000円程度で購入できます。
唯一、お勧めできないのが、夜行性で夜活動的であるということです。一度寝たら騒音など気にせず眠れる人はいいですが、気になる人はハムスターの騒音が気にならない別の部屋があるといいです。とはいっても、ハムスター専用の部屋って、ないですよね。この記事ではハムスター騒音対策をまとめていきます。

ハムスターの騒音の原因

ハムスターの騒音の原因の第一位は回し車(勝手にランキングしました)です。回し車は全部一緒に思えがちですが、モノによって全然音が違います。

デザインだけで選んだハビんぐハーモニーのサイレントホイールは、ホイール自体は静かなのですが、スタンド部分が大型の空洞になっていて、吸盤部分の粘着力が弱まるとすぐ外れてガタガタなるようになりました。恐ろしい騒音。

もう一つがハムスター がケージを出たがってオリをかじったり、脱出しようと暴れる時の騒音です。それぞれの対処方法を見ていきましょう。

騒音がしにくいオススメ回し車

三晃商会のサイレントホイールシリーズは音が気にならない定番ホイールだと思います。

 

昔は回し車といえば上のようなカラフルなものばかりだったのですが、最近はインテリアにも合うカラーも出ています。
↓の商品は同じ三晃商会のもので、インテリアにもあう白のホイールゴールデンハムスターもゆったり回れるサイズでオススメです。

スタンドは針金?タイプでスッキリしていますが、テープなどでご自身で固定することをおすすめします。

ホイールサイズはハムスターのストレスを溜めないためにも生体サイズより十分大きい回し車をおすすめします。ゴールデンハムスター系(キンクマ、カラー、長毛など)であれば直径21cmがお勧めです。ジャンガリアンハムスターなどのドワーフ系は17cmあれば余裕があります。それぞれ一回り小さくても回れるのですが生体のサイズによっては回りにくそうにしていることがあります。何個も回し車買いたくないですし、大きめサイズを買っておくといいと思います。

口コミを見て静かな回し車を選ぶ
ハムスターがストレスを溜めない大きいサイズにする
回し車はテープなどでしっかり固定する

回し車がうるさい時の対処方法

上記のように騒音のしにくい回し車を選んでも、どうしてもゲージと回し車のスタンドに隙間ができてしまい、ガタガタ音が鳴る時は段ボールやタオルをカットして隙間部分に入れ込んで隙間をなくすと騒音を抑えられます。100均の衝撃吸収パット系ジェルもいいですが、ハムスターがかじれない場所にのみ付けましょう。ハムスターによっては段ボールやタオルが気になってかじってしまうことがあり、騒音が再発します。できるだけ表に出てこないよう入れ込みましょう。スタンドの形状によって、中が空洞のものは対処が難しいです。冒頭のハビングハーモニーのホイールはスタンドが空洞で固定が難しかったので、スタンドを木で自作しました。

ケージと回し車が密着していればどんなに回し車を回してもぶつかって音が鳴ることはないので、音が出ているところを見極めて隙間を埋めましょう。密着させるためにスポンジ付きの黒の強力な両面テープや幅広の粘着力高めの透明テープもおすすめです。

ケージ自体が回し車とともに揺れてうるさい時は下に防音パッドを敷きましょう。

回し車とぶつかって音が出ている部分を見極める
隙間を段ボールや布や衝撃吸収パットで埋めたり、動かないよう強力なテープで固定する

ハムスターが脱出しようと動き回ったりケージをガリガリかじってうるさい時

回し車問題が解決しても、騒音が気になるとき。大抵はハムスターがケージを脱走したいと思いひたすらかじったり登ったりして落ちたりしている時です。

水槽タイプのケージにする


ハムスターを飼う時のケージ選びはとっても大切です。まず、檻タイプのケージはオススメできません。かじるのに対処ができないので。中には鼻の頭がハゲてもかじり続ける猛者がいます。ハムスターケージは檻タイプが一般的に思いますが、今は水槽タイプで飼う方の方が多いかもしれませんね。できるだけ大きめの水槽を選んであげましょう。

ルーミィなど、プラスチックのクリアケースのような大きめのケージは意外と高いです。そのため衣装ケースをdiyしたケージも人気です。ただ見栄えが衣装ケースのままなので、コストとデザインのバランスがいいのが水槽だと思います。

↓比較的大きめで枠などがなくデザイン性が高く値段も高すぎない水槽↓

Yahoo!ショッピングで見る
Amazonで見る

出口部分を封鎖する

ハムスターは一心不乱に脱出口を探してかじっています。いつも自分や飼い主の手が出入りしているところをわかって、そこを突破しようとかじっています。それで出口部分をかじれば脱出できそう、と思わせないようにします。その部分に掴まるところや、かじる隙があると狙ってきますので、内側から掴まったり、かじったりできないよう、その部分の登る台になりそうなものを動かしたり、プラスチックの板などを内側に取り付けてかじれないように工夫しましょう。

わたしはよく百均にあるA4サイズのプラスチックケースなどを切ってよくかじる場所に貼っていました。ツルツルの平面になるのでかじれなくなります。

トンネルや迷路を充実させる

ハムスターは狭くて暗いところが好きで、脱出しても結局狭いところに入り込んで落ちついてることが多いです。それで、自宅(ケージ)内がハムスターがワクワクする場所になれば脱出しようという気持ちが落ち着きますよね。シンプルなケージ内を楽しい場所に工夫してみるのはいかがでしょう。

↓ハムスターのおうちを楽しくするためのヒントに、過去記事も参考にご覧ください

↓このおうちは出口がわかりづらいのと、出口部分にかじれる隙間がないので、ハムスターもどこをかじればいいかわからないようでした。また上下運動の穴があったため、よく登ったり降りたりして楽しんでいたように思えました。

https://ichinyokki.com/ハムスターのおうち衣装ケースより簡単diy/

https://ichinyokki.com/100均ハムスター地下型巣箱手作り/

 

↑このおうちは狭いので100均グッズを使って地下部分を作っています。トータル面積が2倍になるのでおすすめです。屋根部分を取り外してハムスターを出していますが、透明のプラスチック部分に隙間がなく、かじりにくい作りになっています。

金網タイプはかじりやすいので水槽タイプのケージにする
よくかじる場所にはプラスチックの板を取り付けるとかじれなくなる
ケージ内を迷路などで充実させる

まとめ

いかがでしたか。回し車がうるさい時、脱走しようとうるさい時、近所迷惑になるのではないかと思える騒音がすることがあります。とってもかわいいハムスターなので騒音対策を工夫しながら上手に飼っていきたいですね。

 

この記事で紹介した騒音対策におすすめのグッズ

Yahoo!ショッピングで見る
Amazonで見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

https://ichinyokki.com/キンクマハムスターかわいいイラスト/

コメント

タイトルとURLをコピーしました