ハムスターは飼わない方がいい!?デメリットは?

ハムスターのこと

さんざんハムスターのかわいさをお伝えしてますが、ハムスターを飼わない方がいいと思う人もいます。値段も安いし飼育方法も比較的簡単ですが、安易に飼う前にデメリットをしっかり確認したいですよね。

この記事では、ハムスターを飼わない理由、おすすめできない理由、ハムスターを飼うデメリットをお伝えしていきます。

最大のデメリット:夜間の騒音

ハムスターを飼う前の人にひとつだけデメリットを伝えてくださいと言われれば、絶対にこれを伝えます。夜行性のハムスター、深夜、人間が寝てる時に動きます。

騒音対策もある程度できますが、ハムスターによってはどうしようもないことも。

騒音対策記事はこちら→ハムスターの騒音対策ー回し車、ガリガリかじる音がうるさい時

静かな回し車、噛むところのないケージ、遊べるおもちゃやストレスのない広さ、、、などなど、騒音対策を十分にしても、

青年期のハムスターやアクティブなハムスターは何かしら動き回り音を立てます。

ひどい時は眠れないことや、隣近所の騒音問題に発展することも

それで、ハムスターを飼う前に、人間の寝室と違う部屋を準備できるか、騒音対策を考えられるか、多少うるさくても我慢できるか、ハムちゃんを愛せるか、よく考えてみましょう。

デメリットその2.ふれあいはほぼ無い

このサイトでも何度も取り上げていますが、ハムスターは単独で暮らす生き物、ふれあいを求めていません。

SNSでは手の中で眠る個体や人慣れした様子を見ますが、性格にもかなり個体差がありますし、大きな人間との触れ合いはハムスターにとって緊張、ストレスを与えることもしばしば。

また夜行性のため人間が起きている時間のほとんどを巣の中で寝て過ごしています。顔をみれるのは夜の数時間だけ。しかもあまり触らない方がストレスをかけない。鑑賞用の熱帯魚よりは触れ合える、というぐらいです。向こうから近寄って来たときに触れ合うくらいの気持ちでお迎えするのをおすすめします。

子どものペットには向かない

夜行性、ふれあいを求めない、という理由から、あまりこどものペットには向かないと思います。こどもは何もわからずに、ハムスターと一緒に遊んであげてると思って、寝ているハムスターを起こしたり、つかんだり、振り回したりします。自分がハムスターだったらどれだけひどいことをされているのか、ということを相手の身になって考えるのが難しい年齢のお子様だと、生き物を育てることから何かを学ぶのも難しいと思います。

寿命が短い

2.3年の寿命です。だんだんと年老いていく姿を見るのは辛いです。動かなくなったハムちゃんを見る覚悟が必要です。小さいペットですが、個体独自の性格があり、同じ子はいません。じゅうぶんペットロスになります。

ハムスターとお別れした日

簡単なようでお世話が必要

ハムスターは安いし、お世話も楽な方ですが、20度〜25度の温度管理、トイレ掃除、水の交換、週に一度の床材の交換やケージの掃除など、ある程度のお世話は必要です。できれば毎日部屋の中をお散歩させてほしいし、かじったり危険なものは片付けないといけないです。

そこまでして本当にハムスターが欲しいのか、ちゃんと世話し、愛せるか、考えてみて、やっぱり飼ってみたい、と思われる方には、ハムスターはぜひおすすめしたいペットです!ハムスターのことをもっと知りたい!という方はこちらの記事もどうぞ(^^)

【まとめ】ハムスターの種類と性格と値段

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GEX ハビんぐ グラスハーモニー450プラス 関東当日便
価格:3980円(税込、送料別) (2021/4/13時点)


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました