長毛ハムスターの飼い方、床材、ブラッシングについて

ハムスターのこと
メスのロングヘアー

毛玉がたまらないように

ハムスターは毛繕いをするので、通常のゴールデンハムスターでも毛玉ケアのフードが出ています。長毛ハムスターは毛が長い分、お腹にも毛玉が溜まりやすい傾向があるため、消化をよくするために酵素や食物繊維豊富なドライフルーツや野菜をあげるのがおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[マルカン]小動物用 グルメゼリー毛玉ケア 16g×14コ入
価格:282円(税込、送料別) (2021/3/29時点)

 

 

長毛ハムスターの家は?

ゴールデンハムスターと同じサイズなので、比較的大きめの家を必要とします。

我が家ではハビんぐグラスハーモニー600、回し車は21cmのものを使用しています。


長毛ハムスターの床材は?

すごくかわいいロングヘアーハムスターですが、お尻の長い毛に床材をよくくっつけています。ハムスターの床材にパインチップを使用しておられる方も多いと思いますが、パインチップだと外に出した時に掃除が面倒なので、我が家では紙タイプの床材を使用しています。比較的長毛に絡みにくいのと、外に出す時に床材がくっついてきた場合でも片付けるのが簡単です。

 

どこで販売されてる?

多種多様なカラーを持つハムスターは、場所によって販売店舗が少ないと思います。Twitterでロングヘアーハムスターの販売情報を得られることも多いです。

 

通常のゴールデンハムスターやキンクマもかわいいですが、長毛ハムスターになるとまた違う可愛さもあります。育て方はそこまで大きな違いはないので、ハムスターを飼う予定の方は長毛ハムスターも候補に入れてみるのはいかがでしょうか。

育て方は通常のゴールデンハムスターとほぼ一緒。毛が絡まるときや伸びすぎたときはブラッシングやカットをしてあげる。普段から毛玉ケアになるドライフルーツや野菜をあげる。床材は紙タイプのものだと絡まりにくい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました