【徹底解説】ハビんぐグラスハーモニーのメリットデメリット

ハムスターのこと

憧れのハムスターケージ、ハビんぐグラスハーモニー600プラスを購入しました!届いてから設置、ハムスターをお迎えしてからの使用感、メリットデメリット、騒音問題などをまとめています。

この記事ではこんなことがわかります

ハビんぐグラスハーモニー600プラスの詳細(写真たくさん)、良い口コミと悪い口コミ、実際の騒音問題はどうなのか? 安く買えるオススメショップ

ハビんぐグラスハーモニーは高い

憧れであったのに今まで購入を控えていた理由はもちろん、価格が高いからです。ハビんぐグラスハーモニーのサイズは3タイプ。360・450・600です。プラスと後ろについた商品は回し車と給水機がセットになっています。

ジャンガリアンハムスター向けの360であれば3000円台から購入できますが、シリアンハムスター(ゴールデンハムスター)に最適な600であればプラスとついていないケージだけでも8000円台、セットになった600プラスであれば1万円を超えてきます。一応450のモデルハムちゃんもゴールデン系のキンクマですが、ゴールデンハムスターサイズであれば600サイズあった方がストレスもなく広々使えると思います。

いちにょっき
いちにょっき

ハビんぐグラスハーモニー600プラスは1万円越!ペットショップなど店舗によっては15,000円くらいするんだ!高い。。。

巣篭もり需要でハムスター人気が高まってるってニュースでやってたし(平和なローカルニュース)ハビんぐグラスハーモニー600プラスの値段も定価の15000円弱に近い値段になってきているのかもしれません。

値段が高くても人気の理由は?

当ブログではゴールデンハムスターでも広さに不足しない、かつ価格も抑えてコスパの良い、様々なハムスターケージを提案してきたのですが、私も結局ハビんぐグラスハーモニーにお金を出してしまいました。

今回思い切った理由は、ハムスター本体が2000円程度の他のペットに類を見ない安さなのだから、そのハムスターが快適に過ごせる、長期間使うケージにくらいお金をかけてもいいのでは、と思えたからです。床材代も餌代もトイレの砂代も、小さいハムスターのもの、たかが知れてます。月に1000円かかってない気がする。お金を出してハビんぐグラスハーモニーを選んだ理由は、

横からハムスターの世話ができる

空からの敵に狙われやすいハムスター。水槽タイプなど上から手が自分のテリトリーに入ってくると警戒します。横からハムスターのお世話ができるルーミィやハビんぐグラスハーモニーはハムスターが警戒心を持たず、自分のタイミングで飼い主に近づける、良い関係を築きやすいケージなのです。

クリアな視界でハムスターを観察できる

上からもサイドからも前からも、いろんな角度からクリアな視界でハムスターを観察できます。衣装ケースDIYも人気ですけど半透明なので、ちょっと見えづらいですよね。

じろじろと人に見られるのもハムスターにストレスになるのではないか、とご心配かと思いますが、ハムスターは近眼のため至近距離でも何があるか見えていません。臭いで判別しているのでガラス越しで臭いが遮られている人間の存在は気付きません。ただ光や影、動くものや音に敏感ですので、観察したいときは動かないように、声を出さないようにすることをおすすめします。気配を消しましょう。

デザインがおしゃれ

横からお世話できる、クリアな視界で観察できるという点ではルーミィというケージもいいのですが、デザインがハビんぐグラスハーモニーの方が好みでしたのでこちらにしました。おりタイプのケージはハムスターがおり部分をかじって騒音問題やハムスター自身の健康被害になりやすいので元々候補にいれておりません。

購入前から気になっていた悪い口コミ

購入を迷っていたのは価格が高いから、というのはもちろんですが、悪い口コミが気になったから、という理由もありました。

その悪い口コミとは・・・次ページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました